「No.132 化粧梁とモノトーンのリビング」

全体的にモノトーンで仕上げ、濃い木目色を使用したことにより奥行き感とメリハリがでて、木目の優しさの融合する住宅となりました。
リビングに入るとすぐに4本の化粧梁が見えてきます。こちらの梁は、施主様御一家と現場監督・設計と協力しながら自分たちで塗装をし、世界に一つの化粧梁となりました。塗料はお子様にもやさしい自然から作った塗料を使用し、柿渋色に仕上げました。
また玄関とキッチン横には2階に繋がる吹き抜けを設けました。狭く思われがちなホール部分も広く、明るく感じることができます。
プライベート空間を大事にしつつ御家族の気配を感じることができる家となりました。
お問合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ