新築よりも自由に、低コストに。

理想の立地で理想の間取り、なおかつ予算内におさまるパーフェクトな物件に出会える奇跡は、なかなかありません。
それでは、駅からちょっと遠くにしてコストを抑えるか。
それとも、間取りの不便さを多少妥協するか。
はたまた、予算をもう一度考え直すのか。

あなたの条件が「絶対新築!」でないのなら、リノベーションがその理想を全部叶えることができるかもしれません。
わたしたちの技術とアイデアで、通り一遍な間取りの中古住宅も、自由な発想であなたの理想空間が生まれ変わります。

Renovation 施工事例

住宅性能と間取り、構造の刷新の大改造から生まれた木造住宅のフルリノベーション住宅
高級ホテルのような開放的なスペース
ご家族が楽しく暮らせる住まいに
豊富な収納スペースとオーダーキッチン
専有面積の広いマンションのフルリノベーション
木のぬくもりを感じるナチュラル・リノベーション
無垢材と自然素材をふんだんに使用
リノベーションのメリット・デメリット
新築と比べ、リノベーションならではのメリットがあります。一方、デメリットがあることも確かです。
その特徴を知っておくことは、今後マイホームをどうするかの指針にもなります。
メリット
 

新築に比べて、総工事費が安い

基本構造を活かしつつ必要な箇所・部位の工事のみを行うため、建て替えよりもコストが安く済みます。
 

マイホームの問題点が明確である

日本の暮らしの中の問題点や不備な点が明確なので、改善すべき箇所をピンポイントで工事することができます。
よって、より理想の住まいに近づけることが容易です。
 

新築に比べて、工期が短縮できる

限られた工事のみなので、工期は短く済みます。また仮住まいや引っ越しが不要な場合が多いので、労力や心理的・経済的な負担が軽減できます。
 

使える部分が生かせる

住み慣れたマイホームには愛着のある箇所も多々あると思います。そうした部分を生かしつつ、改善したい箇所のみ工事を行えるのも、リノベーションならではの特徴です。
デメリット
 

基本構造の変更ができない

基本構造を生かしつつ必要な箇所・部位の工事のみを行うため、建て替えよりもコストが安く済みます。
 

古すぎる家はかえって割高になる?

木造などで築年数の経ちすぎた古着などをリフォームする場合、耐震工事や回収が大掛かりになってしまい、場合によっては新築より費用がかかってしまうことがあります。

リノベーションの施工事例

ツナガルイエ
142
ツナガルイエ
高級ホテルのような家
144
高級ホテルのような家
フルオーダー家具の家
143
フルオーダー家具の家
KODOMO-HOUSE
139
KODOMO-HOUSE
モダワンルーム
138
モダワンルーム
お問合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ