ZEH事業計画 ゼロエネルギーで、暮らそう

ZEH(ゼッチ)とは

次世代の環境共生住宅「ゼロ・エネルギーハウス」
ZEHとは太陽光発電で電力を生み出す「創エネ」と、高気密・高断熱でエアコンに頼らず室内の快適温度を維持する「省エネ」を組み合わせて、家庭の一次消費エネルギーをゼロ以下にする環境にやさしい住宅です。ZEHとして国から認定されると補助金を受けることができます。

タイセーハウジングではZEHの普及に取り組む「ZEHビルダー」の一員として、ZEH仕様の家づくりを積極的に推奨しています。

ZEH(ゼッチ)とは

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。 当社では2017年に「ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2025年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。

ZEH受託目標

2018年の目標5% 実績7%
2019年の目標15% 実績0%
2020年の目標20% 実績1%
2021年の目標20% 実績6%
2025年の目標60%       

具体的なZEH普及策(ZEH低コスト化への取り組み等)

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページへの掲載、ZEH仕様の物件見学会、広告・雑誌等の掲載などを行い、幅広いお客様にZEH基準のものを知っていただけるよう周知、普及を行っていく。 また社員全員が理解できるように会議等で資料の配布や説明会を行い、省エネ創エネの基準を覚えてもらい社員一人一人が説明できるよう徹底していく。

【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策

サッシや断熱材、建材のもう一度見直してコストと効果を踏まえたうえでコストパフォーマンスが高く効果が得られるものを厳選し使用する。創エネにつきましては太陽光発電システムの発電効率が良くなるように方角、面積、工事費用削減できる無理のない屋根形状に計画していく。

【3】その他の取り組みなど

ZEH基準の断熱や気密などの高性能な住宅を提案することで体に優しく健康被害を低減させることができるので、建材を自然素材(無垢材)を使用してさらに健康に良い暮らしを提供していく。

お問合わせ・資料請求
お問合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ