「No.93 インナー=ペデ=ハウス」

木の外壁を惜しみなく使用したインパクト大の外観に負けない、豪快に作られた屋根裏の空間が特徴的なお住まいです。
狭小により急になった屋根の勾配を最大限に活かし、大きな勾配天井を可能にしました。また、それにより作られるロフトに工夫を凝らすことも出来ました。
まるでペデストリアンデッキかのような、様々な形状のロフトが楽しみと安らぎを与えてくれるのは、大胆に施された開口部から差し込む光やリビングからの家族の気配をかんじられる工夫によるもの。額縁のような小屋裏空間からの眺めも心地よく仕上がりました。
お問合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ