「No.98 坪庭のある家」

古くは、町家づくりにおける母屋と離れの間にある庭を指したとされる坪庭。建物で囲まれ、建物の内部に光や風を採り入れるためにつくられた、比較的狭い庭のことをさします。開放的に空く隣地との立地を生かし、些細な坪庭を施しました。1階のベッドルームの2部屋と、高く吹き抜けた上部に設けた窓からもつながっています。階段を上がった正面にちょっとしたカウンターを設け、明るさと風通しが気持ちの良い空間になっています。少しの工夫、坪庭の効果もあり、風通しの良い、光の差し込むあたたかなおうちとなりました。
お問合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ