「No.65 高さを楽しむ家」

不整形な敷地形状を生かして、隣地建物と向きをずらして配置したことで、2台分の駐車スペースを確保しながら、隣地との窓のずれや豊かな自然と眺望を邪魔されることなく取り込むことに成功しています。 しかし、何と言ってもこの住宅の魅力は、高い勾配天井と吹抜けです。 子供の遊び場になるロフトからリビングを見下ろすために、屋根の方向や天井の高さに様々な工夫が盛り込まれました。 筋交いや火打梁といった、いつもは「仕方ない」とされる構造メンバーさえも、この家では完璧に操作され、迫力の空間を、余分な物を一切排除しながら、無理なく実現しています。 平面に表れた図面からは想像もつかない、圧倒的な空間です。 敷地高低差、建物内部の床の高さや天井の高さを様々操作することにより、横向きの広がりだけでなく、高さの広がりを楽しむことが出来ると同時に、空間を無駄なく使いこなす、高度な「空間節約術」を駆使した住宅となっています。
お問合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ